加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは?

加齢黄斑変性とは、加齢により網膜の中心部である黄斑(※)に障害が生じ、ものの中心の
もっとも見たいところが見えにくくなる病気です。
高齢者の失明原因となる病気の一つで近年増加する傾向にあります。

医師が説明する加齢黄斑変性 黄斑の位置|目の解剖図|加齢黄斑変性 加齢黄斑変性の治療 富山市天正寺 岡本眼科

(※)黄斑とは網膜の中央にある、ものを見る要の部分で、この部分に異常が発生すると、視力が低下したり、 ものの見え方に支障がでたりします。

加齢黄斑変性の分類

加齢黄斑変性には大きく分けると〈萎縮型〉と〈滲出型〉の2つの種類があります。
〈萎縮型〉は斑部の細胞が老化して 萎縮することにより発生します。 症状の進行は比較的遅いのが 特徴です。
これに対し〈滲出型〉の黄斑変性症は、進行が急速に進むため、処置が遅れると失明の危険性が高まります。

医師が説明する加齢黄斑変性  加齢黄斑変性の解説 加齢黄斑変性の治療 富山市天正寺 岡本眼科
黄斑部の老廃物が蓄積し 毛細血管の血流が阻害されると、新生血管という新しい血管ができます。この新生血管は非常にもろくいため、血液の成分を漏出させたり、血管そのものが破れたりします。血液成分が漏出すると網膜が腫れ、網膜下に液体が溜まります。網膜が正しく働かなくなり、視力が低下します。


加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性になると、視野の中心部のもっとも見たいところが見えにくくなります。
出血が多い場合、見えづらくなる範囲が大きくなり、 さらに進行すると、徐々に視力が低下 してきます。
加齢黄斑変性の症状が片方の眼から現れることが多いため両方の目で見ると、あまり気にならないことがあるので気づきにくく、また気づいても年齢のせいにしてそのままにしていることも少なくありません。

医師が説明する加齢黄斑変性 加齢黄斑変性の症状 加齢黄斑変性の治療 富山市天正寺 岡本眼科

加齢黄斑変性の検査と治療

加齢黄斑変性の検査

加齢黄斑変性は脈絡膜新生血管を早期に発見する事が重要です。

加齢黄斑変性の早期発見ができれば新生血管も小さく、中心窩に影響が及ぶ前に適切な治療を開始できます。自覚症状を感じたら早めに眼科の受診をして下さい。 加齢黄斑変性を正しく診断するために、眼底検査などの詳しい検査を行います。

OCT(optical coherence tomography )

医師が説明する加齢黄斑変性 OCT(optical coherence tomography )加齢黄斑変性の治療 富山市天正寺 岡本眼科

OCTは眼の奥にある網膜の断層画像を撮影する機械です。
他にも網膜の厚みを測る事ができ、検査を簡単に短時間で行う事が可能です。検査は機械の窓をのぞくだけです。痛みもなく時間も短時間で済みます。

加齢黄斑変性症の方は、黄斑部に脆弱な血管(新生血管)が伸びてきて黄斑部に悪さを行います。

加齢黄斑変性症 加齢黄斑変性の治療 富山市天正寺 岡本眼科 医師が説明する加齢黄斑変性

加齢黄斑変性の治療

〈萎縮型〉の加齢黄斑変性は治療の必要がありません。ただし〈滲出型〉に移行して急激に視力が低下することがありますので、定期的な検査が必要です。

〈滲出型〉の加齢黄斑変性の画期的な治療法として、抗VEGF(血管内皮増殖因子)薬の硝子体内注射という治療法があります。この薬剤は、新生血管の成長を促すVEGFという物質を抑えることで新生血管の増殖・成長を妨げ、結果として出血や網膜剥離などの病変を改善します。さらに、いったん低下した視力の改善が期待でき、視力の良いうちからでも治療が開始できることから〈滲出型〉加齢黄斑変性治療の主流となっています。

加齢黄斑変性の治療 富山市天正寺 岡本眼科 医師が説明する加齢黄斑変性

治療は、日帰りで行います。

手術室に入室後、点眼麻酔をして眼球の中にある硝子体内に注射をします。
注射は1ケ月毎に3回連続で行い、その後は定期的な検査と必要に応じて追加治療をしていきます。

加齢黄斑変性の見え方の変化 富山市天正寺 岡本眼科 医師が説明する加齢黄斑変性

TOPへ